Please reload

最新記事
特集記事

僕がブレンドにこだわるのは

April 14, 2018

ここ最近、スペシャリティコーヒーやカップオブエクセレンスを取り扱うお店が増え、品質の高いコーヒー豆がたくさん出回り、身近に新鮮で高品質なコーヒーを飲む機会が増えている。それはとても素晴らしいことだと思うし、僕自身もたくさんのスペシャリティコーヒーの飲み比べなどをしている。これらの豆を焙煎している職人たちは、決まって「僕たちができるのは、その豆の本来の味を正しく提供することだ。」という風に言う。確かに僕もスペシャリティなどの高品質な豆を、最大限に表現できているコーヒーを飲みたいし、そんなコーヒーを提供しているお店に、ものすごく感謝している。しかし、僕は実験や、オリジナリティーあふれるものを作ることが昔から好きで、ハーブティーのブレンドや、ゲームのストーリーを考えて作るというような事をずっとやってきた。絵本を描いたのもそんな思いから始めたように思う。それはコーヒーを淹れるときも同じで、淹れたてのアイスコーヒーを深入りの豆でなくてもコクがあってまろやかにするにはどうすればいいか、削った豆をお湯に浮かばせることで水面から豆を蒸らしたらどうなるかなど、沢山の実験をしてきた。僕はストレートコーヒーを飲むと、必ず「あの豆と組み合わせるとどなるかな」など、色々考えてしまう。異なる種類の豆を組み合わせることで新しいものを生み出すことに魅力を感じているのだ。是非ともヒツジトカエルだけでしか味わうことのできないブレンドコーヒーを楽しんでもらいたいと思っている。僕が実際に飲んでおいしいと感じたものだけを販売するので、個人差はあると思うが好きな人ははまるお店というのを目指している。再現の珈琲ではなく、オリジナリティーあふれるヒツジトカエルの珈琲を是非とも楽しんでもらいたい。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 By Jeff Carr. Proudly created by Wix.com

  • Grey Vimeo Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey YouTube Icon
  • Grey Instagram Icon